【初心者向け】初めてでも負けにくいFX投資戦略を紹介~今FXを始める理由~

FX

【初心者向け】初めてでも負けにくいFX投資戦略~今FXを始める理由~

はじめに~そもそもFXとは~

初めに、FXとはそもそも何でしょうか。FXはForeign currency Exchangeの略で、外国為替証拠金取引と言われるものです。FXは、通貨ペア、例えば、USドルと日本円などの価格変動による差益を狙いに行く取引です。つまり、未来の為替レートを予測し、価格変動の差額を得る取引がFXです。

(例1)簡単な外貨為替取引

1ドル100円の時に100万円でドルを買う。 1,000,000円÷100円=10,000ドル

1だる110円になった時にドルを売って円に戻す。 110円×10,000ドル=1,100,000円

→10万円の利益※手数料等は除く


FXは、上記例の外国為替取引を「証拠金」で行う取引です。「証拠金」は、取引を行う際に相手方に預け入れる「担保金」のようなものです。FXは、将来必ず決済(反対売買)することが約束された「差金決済」という決済方法を採用した取引です。そのため、総取引額の現金(キャッシュ)の受渡しは必要とされず、売買の損益の受渡しのみで取引が完結します。

上記の例だと、100万円の資金が必要に見えますが、FXはこの証拠金にレバレッジをかけて取引することができます。つまり、少ない証拠金で多くの取引が可能です。例えば50万円で100万円分の取引をする場合は、レバレッジは2倍ということになります。FXは、日本の取引所の場合25倍までレバレッジをきかせて取引することができます。

つまり、よく耳にする「レバレッジ○倍」というのは、「証拠金に対して総取引額が何倍か」を指しています。

今FXを始める理由

その1.株や仮想通貨に向かっていたマネーが消費に向かっている。

最近、仮想通貨や株の市況が良くないですね。2020年コロナショックを機に始まった各国の金融緩和によって行き場をなくした大量の資金が株や仮想通貨に流れ、コロナバブルと言われましたが、アメリカや中国、イギリスなどワクチン先進国はすでにアフターコロナの世界にたどり着きつつあり、投資マネーが消費に流れてきています。

こちらは、アメリカの消費者物価指数です。消費者が購入するモノやサービスなどの物価の動きを把握するための統計指標ですが、景気回復局面に上昇する傾向にあります。下記の図を見ると、今年の4月に一気に上昇していることがわかると思います。これは、都市部の人々のお金が消費に向かっていることを示しています。

米消費者物価、12年ぶり大幅上昇 4月4.2%増、インフレ懸念も | 毎日新聞 (mainichi.jp)

出典:【米国】消費者物価指数(CPI) – 経済指標 – Yahoo!ファイナンス

つまり、何が言いたいかというと、今まで市場への大量のお金の供給により行き場を失った資金がハイテク、グロース株や仮想通貨等に向かっていたものが、消費に向かっていることがわかるため、今までの市況は継続しないのではないかと考えられます。

その2.FXは上昇や下落どちらも狙える

上記理由により何を買っても勝てるというような株式市場はいったん終わりをつげるため、株でキャピタルゲインを狙う難易度が上がることが予想されます。

ではなぜFXなのかというと、FXは上昇や下落どちらも狙いやすいという特徴があるためです。

例えば、最初に挙げた例ですと、円に対してドルの価格が上昇(ロング)したわけですが、逆に下落すると予想しその差益をとることも可能です。(ショート)

よくFXで出てくるロングとかショートとはこういうことです。

つまり、市況が悪くてもFXはあまり関係がないため、いつでも稼ぎやすいということができます。

簡単にできる初心者でも負けにくいFX戦略

とはいえ、FXを始めからやってみるのも不安ですよね。そこで、私が使っている基本的な戦略を紹介します。

移動平均線を使って上昇トレンドか下落トレンドかを判断する。

まず、ロングするかショートするかの戦略で、私は200日移動平均線に素直に従っています。移動平均線とは、その名の通り過去○○日分の価格の平均の推移を表した曲線です。

ユーロ円 週足チャート

こちらは、ユーロ円の週足チャートです。青色の線が200日移動平均線です。このチャートでは、200日移動平均線を大きく上回っているため、現在上昇トレンドと読み取ることができます。つまり、目線はロングの方が優位性がある、ということです。

トレンドの中での押し目を見分ける

上記のチャートで上昇トレンドと判断しましたが、すぐにロングすればいいというわけではありません。目線をよりミクロに落とし、上昇トレンドの中の買い場を探ります。

ユーロ円4時間足

上記はユーロ円4時間足です。補助指標にストキャスティクスを使っています。

ストキャスティクスとは、買われすぎ、売られすぎを見る際に使われる、オシレーター系指標の1つです。私は指標を少し変更し、%K=100とし他を0として、過去100日分の加重平均を指標に買われすぎ、売られすぎを見ています。ストキャスティクスでは、100に近い80ほどで買われすぎ水準、0に近い20ほどで売られすぎ水準となります。下記はストキャスティクスの計算式です。

ストキャスティクスの計算式

さて、目線は買い目線です。ということは、売られすぎの部分に注目しなければなりません。どこか該当しそうなところがありそうですね。そう、129.5円付近のところです。この辺りでロングの判断ができた場合、その後の上昇トレンド継続を取ることができます。

以上の2つが、私の基本戦略になります。シンプルイズベストです

おすすめFX口座

FXを始めるには、FX口座の開設が必要です。日本に在住の場合は、安心して使えてサポートもしっかりしている国内口座を使用することをお勧めします。

DMM FX

まず1つ目のおすすめはDMM FXです。理由は、サポートがしっかりしていること、初心者でも上級者でも使いやすいアプリデザインであることです。上記で紹介したチャートの設定ももちろん可能です。

FXを始めるなら≪DMM FX≫

特に、平日24時間サポートやラインサポートもあるので、少しでも操作でわからないことがあれば確認することができ、安心に使えると思います。また、資金管理も全額信託保全を徹底しているため、安心してお金を預けることができます。

外為ジャパンFX

2つ目は外為ジャパンFXです。こちら、私が大学生の時に口座開設したところなので思い入れがあるのに加えて、やはり初心者でもわかりやすいインターフェースで、アプリ内のニュース記事なども充実しているため、使いながらいろいろと勉強することができます。

【外為ジャパン】取引手数料無料のオンライン外国為替取引

なぜ初心者にお勧めかというと、取引手数料がかからないので、少額で練習することができるためです。私も大学生の頃は5万円くらいを入金して練習していました。

当時は大島優子さんがCMしてましたかねー。。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • FXは外国為替証拠金取引と言われるもので、通貨間の価格変動の差益を狙う取引
  • 株や仮想通貨に対するお金が消費に向かい市況が難しくなっている。
  • FXは市況に関係なく利益を狙えるので、いつ始めてもよい。
  • FXを始めるには、FX口座の開設が必要

私がFXに興味を持ったのは、海外旅行などに行くときに為替レートを観察することが多かったためです。ある意味趣味感覚でも楽しめると思います。

この記事を通して、少しでもFXに興味を持っていただけたら幸いです。以下、紹介した口座開設のリンクです。

FXを始めるなら≪DMM FX≫

【外為ジャパン】取引手数料無料のオンライン外国為替取引

おまけ

・株の話少し

市況が良くないときは、株のインカムゲイン、つまり、配当を狙った投資もおすすめです。私はシンガポールの高配当株に投資しているので、良かったら参考にしてください。日本のSBIから購入できます。

僕がシンガポールで投資してよかったと思う株(高配当) | 海外生活情報ブログ (jotsu.blog)

SBI証券口座開設リンク

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

・仮想通貨の話

市況が悪い時、即座に利益は出ないですが、逆に言えば仕込み時でもあります。また、仮想通貨でもインカムゲインを稼げることは過去の記事で解説しています。

この中で、今後イーサリアムを使ったサービスが増えていくことも併せて解説しています。コインチェックでイーサリアム上の仮想通貨ETHが購入できるので、これを機に購入して取っておくのもありです。マネックスグループ傘下なので、セキュリティも安心です。下記リンクから口座が作れるので、参考にリンクを貼っておきます。

コインチェック

【初心者向け】初めてのDeFi~仮想通貨は金利で稼ぐ時代~ | 海外生活情報ブログ (jotsu.blog)

ここまで読んでいただきありがとうございました!皆様の爆益をお祈りしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました