【シンガポール街紹介】今後の成長に期待?謎の駅Tanah Merah駅とその周辺

海外生活

 Tanah Merah駅はEast West Lineの駅の1つです。空港から2駅のところにあり、Pasir Lis方面とChangi Airport方面に行く電車の乗換駅でもあります。一見ポテンシャル高そうですが、実際どうなのでしょうか。

【シンガポール街紹介】今後の成長に期待?謎の駅Tanah Merah駅周辺

 Tanah Merah駅は、空港方面に向かう電車と、パシリス方面に向かう電車の下り方面の乗換駅です。空港にMRTを使っていくには、Tanah Merah駅で乗り換えないといけません。空港への乗換駅として有名ですが、周辺はどんな感じなのでしょう。実際、降りたことのある人は少ないと思います。

Tanah Merah駅の出入り口

周辺はほぼ住宅

 一応ターミナル駅でもあるTanah Merah駅ですが、周辺はほぼ住宅です。駅前にはコンドミニアムが立ち並び、その周辺には一軒家があります。この辺りは、空港に近いせいか建物の高さの制限があるようで、コンドミニアムは高さがあるというよりは敷地がやたら広いコンドが多いです。日本でいう、一種低層地域のようなイメージですね。

 一軒家も多くあり、高級住宅街の一角として知られています。Siglapというところがシンガポールでいう田園調布のようなところなのですが、この辺りはSiglapに近いせいか同じような感じの大きな一軒家が多くあります。

お店が少ない?

 この辺り、おそらく商用エリアに指定されていない?ことから、ショッピングモールなどがありません。頑張って歩いて、ローカルのホーカーやスーパーに辿り着くような感じです。

 周辺はこんな感じで、まさに住宅街という感じです。

Bedok Roadという道を南側に20分ほど歩いていくと、スーパー(Cold Storage)やホーカーがようやく見つかります。

 ここはBedok Food Centerというホーカーです。超ローカルなホーカーなので観光客は0です。近くに住んでいるかたまたま通りかかったくらいでしか行くことはないかと思います。

中はこんな感じです。結構にぎわってます。やはり、田舎ということもあって、価格はシティエリアと比べて1ドルから2ドルほど安いと思います。

せっかくなので、ホッケンミーを買って帰りました。ホーカーは基本何でもテイクアウトできます。ただ、テイクアウトの容器とかは雑なのであまり期待しないように。

テイクアウトするとこんな感じ。紙に包まれていました。エコですね。

今後のTanah Merah駅

 住宅街という感じなので、観光に来て降りる駅ではないと思いますが、今後、Tanah Merah駅がさらに便利になる予定です。

 実はMRTの新路線が将来開通する予定ですが、ここのTanah Merah駅も通る予定で今工事が進められており、これによりEast Coast方面に行きやすくなります。East Coast方面は鉄道空白地帯で、バスしか通ってなかったのですが、かなり便利になりますね。

 Tanah Merah駅もさらに大きくなることから、もしかしたら新しくお店ができたりするかもしれません。今後の発展に期待ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました