シンガポールでも作れる!野菜のトマト煮込みの作り方

Japanese Food

簡単に作れて、ヘルシーな野菜のトマト煮込みのオリジナルレシピを紹介します!

材料

  • トマト缶(カットトマト)
  • マッシュルーム
  • バター
  • にんじん
  • 玉ねぎ
  • ジャガイモ
  • ズッキーニ
  • ほうれん草
  • 料理酒

作り方手順

さっそく作っていきましょう。

まず、ポイントとなるのは、ベースの味です。

マッシュルームをみじん切りにします。

みじん切りにしたら、バター、料理酒(小さじ一杯)と一緒にお鍋に入れ蓋をします。

マッシュルームのみじん切りとバター

ふたを閉めて弱火でじっくり煮込むと、バターベースのマッシュルームの出汁ができます。とても良い香りがします。

マッシュルームを煮込んでいる間に、野菜を切ります。まず、ジャガイモを切って、お湯につけてあく抜きをします。シンガポールのじゃがいもは、でんぷんが多いのか、少しぬめり気が多いです。

ジャガイモのあく抜き。結構重要です。

切ったにんじんを先に入れ、蓋をします。

その他の野菜も切って、お鍋に入れます。

この状態で蓋をして、弱火で15分ほど煮込みます。様子を見ながら、ときどき具材を混ぜると良いです。

15分経ったら、トマト缶を入れます。

火を中火にして、10分ほど煮込みます。トマト缶に入っている水分が多い場合は、蓋は完全に閉めずに半分空けておくと良いです。

ちなみに、日本ではトマト缶は簡単に手に入りますが、シンガポールではなかなか見当たりません。あった!と思っても、イワシが入っていたり、クリームトマトだったりと、なかなか良いトマト缶が見つからず、今回はフェアプライスで見つけたクリームトマトを使いました。

10分経ったら、みそをスプーン一杯分ほど入れます。

みそを入れることにより、トマトの酸味が抑えられ、舌触りが滑らかになります。

あくまでも隠し味なので、写真の分量を参考にして、入れすぎに注意してください。

完成!

お鍋からお皿に移し替えたら、できあがりです!

入れる野菜は、一例です。ブロッコリーやパプリカが入っていてもよいかも。

簡単にできて、ヘルシーなので夕食の一品などに加えてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました