【ビジネス英語力】英語を多読することによって得られる能力3選~慣れてしまう力こそ最強~

英語学習

 まずは結論から。英語をたくさん読むことによって、⓵英語への抵抗が減り②読むスピードと読解力が上がり、③より多くの情報にアクセスできます。

 では、それぞれどういうことなのか解説していきます。

英語を多読することによって得られる能力3選

英語への抵抗が結構減る

 例えば、英字新聞を想像してみてください。英字新聞のアプリでも良いです。うんざりする気分になりませんか?ところが、日本語で書いてある新聞ならすらすら読むことができます。なぜでしょうか。

 それは、日本語を読むことに「慣れ」ているからです。なぜか。日本語を義務教育などで無意識のうちに学習し、日常的に本や雑誌、新聞などをたくさん読むことで、何の抵抗もなく使えるレベルになっているからです。

 つまり、多読は母国語では無意識のうちに行っている語学の習得に不可欠な要素の一つなのです。

 英語を日常的にたくさん読むことによって、ある時を境に、「あれ、面倒に感じない」と思えるようになります。

読むスピードが上がって、読解力もアップ

 海外に出て最初につまずいたことの一つは、英語で調べ物をしたり勉強するということです。今まで英語を学習対象にしていたので、英語で調べたり勉強したりするのは予想以上に時間がかかりました。なぜなら、英語を読むことに集中してしまい、肝心の内容が頭に入ってこないからです。

 当然ものすごい時間がかかり、めちゃくちゃ効率悪いなーと思ってやっていたところ、しばらくしたら徐々に読むスピードもあがり、理解も追いついていけるようになりました。

 これはおそらく、意図せずたくさん文章を読んだ結果、速読力と理解力が向上したのだと思います。最初はとても疲れるし、読むスピードも遅いのでとても効率が悪いですが、我慢して続けると、いつの間にか「あれ、いけるかも」という瞬間が訪れます。

英語を使ったリサーチ~より多くの情報へアクセス

 多読を行い英語に慣れてきたら、Googleで英語検索してみましょう。例えば、日本にはない海外製品の情報を知りたい時などに日本語で検索すると、びっくりするくらい情報が出てきませんが、英語で検索すると普通にヒットしたりします。

 特にIT系の仕事は、英語圏の製品が多いので、困ったときの英語検索は必須です。

 また、英語を使ってたくさん記事を追いかけることは同時に多読を行っていることにもなり一石二鳥です。

 仕事でもわからないことは、まずグーグルで検索することが多いと思いますが、英語検索ができるようになると、さらに多くの情報にアクセスすることができます。

英語多読訓練の行い方(実践編)

 ここまで、多読による効果を挙げてきましたが、読むといっても何から手を付ければよいのでしょうか。以下では、効果的な実践方法を紹介します。

まずは簡単なものから

 いきなり新聞や難しいものを読むことはお勧めしません。なぜなら心が折れて続かないからです。(英字新聞読み続けているという方は普通にすごいので継続を。)

まずは、自分の英語力より、少し低いくらいの文章をたくさん読むことをお勧めします。次のレベルに進む基準は、その文章を読んだときに、読み返さなくても意味が分かるレベルまで到達することです。

仕事に関係あるものから始めてみる

 仕事で英語を使う方にお勧めです。自分の専門分野に関する英語なら、全く知らない分野よりも大分簡単に感じます。

 自分の仕事に関する記事を読んだり、英語で勉強してみたり、Googleで検索してみたりすることで自然と多読力が身につきます。

まとめ

 英語を多読することにより、⓵抵抗を減らし、②読解力や速読力を向上させ、③英語を使ってより多くの情報にアクセスすることができます。

 英語4技能のうち、readingは試験ではたくさん出てきますが日常や仕事で注目されることが少ない分野でもあります。英語の多読を行うことで、3つの力が身につき、英語力以上の見返りを得ることができるでしょう。

にほんブログ村 (クリックしていただけるとブログのランキングが上がります!役に立ったなと思ったら、クリックいただけると幸いです(^^)/)Kindly click this link to support my blog!

コメント

タイトルとURLをコピーしました