【速報!】日本からドイツへの入国が可能に!6月6日から

気になるニュース
sponsored links

【速報!】日本からドイツへの入国が可能に!6月6日から

JALフランクフルト便

日本への入国制限の緩和

ドイツでは、日本からの入国制限を6月6日から解除する予定です。これにより、日本からは以下の条件のどちらかを満たせば通常通り入国することができます。

  • 入国72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書
  • もしくは
  • 入国48時間以内に受けた抗原検査の陰性証明書

内容を正確にお伝えできるように、ドイツにある日本国総領事館からのお知らせを転載させていただきます。

引用:2021年6月4日 メールマガジン第733号

●EU理事会の勧告を受け、2021年6月4日、ドイツ連邦政府は日本に対する入国制限を解除する旨発表しました。6月6日より、日本からの渡航者(短期渡航者,長期滞在者)は、ドイツに入国することが可能となります。
●ただし、日本からドイツへの渡航にあたっては、ドイツ入国前48時間以内(抗原検査の場合)、またはドイツ入国前72時間以内(PCR検査の場合)に実施したコロナ検査の陰性証明書が必要となります(ドイツでの入国を伴わないトランジットエリア内での乗り継ぎは除く。6歳未満を除く)。

具体的な内容は以下の通りです。

1 日本に対する入国制限の解除
2021年6月4日、ドイツ連邦政府は日本に対する入国制限を解除する旨発表しました。
6月6日より、日本からの渡航者(短期渡航者、長期滞在者)は、従前どおり(事前の滞在許可取得や出張理由書等を準備することなく)ドイツに入国することが可能となります。
○新型コロナウイルスに関するFAQ (ドイツ連邦内務省)

英語:
https://www.bmi.bund.de/SharedDocs/faqs/EN/topics/civil-protection/coronavirus/coronavirus-faqs.html

確か、1月だったか2月だったかに1時的に解除された時期があったのですが、その際は1週間くらいでまた入国制限がかかっていました。。今回はどうなるでしょう。

コロナ検査に関する情報は以下の通りです。

2 ドイツ入国にあたっての検疫措置等
(1)渡航にあたっての陰性証明書
全ての国・地域(日本を含む)からの航空便によるドイツ入国者は、引き続き陰性証明書の提示が必要です(抗原検査の場合は、ドイツ入国前48時間以内に実施したコロナ検査の陰性証明書、PCR検査の場合はドイツ入国前72時間以内に実施したコロナ検査の陰性証明書)。
ただし、日本からシェンゲン域外の他の第三国(例えばアフリカ諸国)への乗り継ぎ(ドイツ入国を伴わないトランジットエリア内での乗り継ぎ)は検査義務の対象外です。また、6歳未満は検査が免除されています。
(2)その他検疫措置
検疫措置(登録義務(デジタル入国登録(DEA))、隔離義務)については、ロベルト・コッホ研究所が指定するリスク地域等からの入国にあたってそれぞれ義務化されていますが、6月4日現在、日本はリスク地域に指定されていませんので、日本からの入国にあたって登録義務、隔離義務はありません。
○リスク地域(ロベルト・コッホ研究所)
https://www.rki.de/DE/Content/InfAZ/N/Neuartiges_Coronavirus/Risikogebiete_neu.html

久々に明るいニュースですね!

ドイツ旅行に際しての注意点

ドイツから日本に帰るときは隔離対象になる

一応留意点としては、ドイツに来て隔離等の制限等はありませんが、日本に戻る際は日本のルールに従うことになるので、隔離ホテル等に行って、その後自宅等で2週間隔離、といったことになるのだと思います。

なので、こっちに来て観光とかはできるけど、旅行から帰った時に日本での対応には気を付けないとですね。まぁ在宅勤務とかなら問題はなさそうですが。

あと、日本入国時にPCR検査が必要なはずなので、こっちでまたPCRを受けて帰る、みたいな流れですかね。

マスクの指定がある

ドイツは州によってマスクのルールが違ったりします。例えば、私が住んでいるバイエルン州は、FFP2マスクが指定となっています。公共交通機関等を利用する際はこのマスクが必要になるので、旅行前に用意しておく必要があります。

Amazon.co.jp: HANDANHY FFP2マスク 個包装 9枚入り S-MSK-50: Health & Personal Care

これと似ているKN95はこちらではあまり受け入れられていないのでご注意を。(中国製ということもあり、良く思われていません。)

まとめ

  • 6月6日から日本からドイツへの入国措置制限の撤廃
  • 72時間以内のPCR検査の陰性証明書が必要
  • 抗原検査の場合は、48時間以内
  • ドイツから日本への帰国に際しては、帰国時に日本のルールに従う必要がある。
  • FFP2等、州によって指定のマスクがある。(FFP2を用意しておけば問題ない)

以上です!夏ごろには日本の入国制限も少し緩和されますかね?ワクチン次第かな。そうなったら、ヨーロッパ旅行のしやすくなりますね。ヨーロッパはバカンスシーズンです。ぜひお気をつけてお越しください。

コロナから戻りつつあるドイツの日常~ミュンヘン街歩き~ | 海外生活情報ブログ (jotsu.blog)

【ドイツ街紹介】デュッセルドルフの街紹介とドイツのロックダウン中の様子(写真多め) | 海外生活情報ブログ (jotsu.blog)

おまけ

ヨーロッパ旅行に役に立つサイトのリンクを貼っておきます。

①旅行代理店

やはり、コロナ禍では旅行代理店を通した方が安全かなーと思います。JTBでしたら、その点安心感があると思います。

海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!

②ヨーロッパでの鉄道、バス、航空券の予約はこちらのサイトから。(JTBで予約すれば不要かも)

Omio:ヨーロパ交通予約サイト

③Wi-Fiルータ

旅行でWi-Fiは必須です。ヨーロッパでおすすめのWi-Fiルータはこちらです。Wi-Fiルータのメリットは、友達同士などでシェアできて安く済むところかなと思います。

ヨーロッパ圏WiFiルーター,

気になるニュース海外生活
sponsored links
Twitter, Instagramではよりリアルタイムな情報を発信しています(^^♪下記のボタンからフォローリンクに飛べますので、良かったらフォローの応援よろしくお願いします!
海外生活情報ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました