【初心者向け!】NFTの始め方~デジタルアートの販売方法をアカウント開設から丁寧に解説~

仮想通貨
sponsored links

【初心者向け!】NFTの始め方~デジタルアートの販売方法をアカウント開設から丁寧に解説~

最近、NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)という言葉が話題になっています。2021年以降の大きなトレンドになるのではないかとインフラ系SEの視点から思ったので、そもそもNFTとは何かというところから、実際にNFTを作って販売する方法まで解説します。

NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)とは

NFTとは、ブロックチェーン上で発行された真正性のあるデジタルコンテンツのことを指します。

背景として、まず、インターネット上にあるデジタルデータは、簡単に複製や2次利用ができてしまいます。この問題を解決すべく、昨今ではディジタル署名という方法を使って、そのコンテンツが本人のものであることを証明することができますが、これをブロックチェーン上で行い、真正性のあるディジタルコンテンツとしたのがNFTです。

ブロックチェーン上のデジタルデータは参加者間の相互検証によってコピーや改ざんが困難であり、デジタル空間で価値のやり取りを可能にします。NFTは、このブロックチェーンの仕組みを使って、あらゆるデジタルコンテンツに非代替性(複製や2次利用ができない)を持たせたもののことを言います。

例えば、私が絵を描いたとします。その絵をTwitterやインスタグラムに載せると、だれでも閲覧できる代わりに、その絵をダウンロードして2次利用することも容易です。

一方で、ブロックチェーン上にNFTとしてアップロードすると、その絵は私が描いたという証明を付与することができ、コンテンツに価値を持たせることができます。

技術的には、NFTはERC721規格とよばれるイーサリアムに関連する技術仕様を指します。(ERC=Ethereum Request for Comments)

またNFTはイーサリアム上で稼働するゲームアイテムなどでの利用も多く、NFTのマーケットプレイスでは売買が盛んに行われています。

イーロンマスクやジャックドーシーなどの巨大インフルエンサーも参戦

今や世界最高のインフルエンサーとなったイーロンマスク氏が、3月15日、楽曲をNFTとして販売しました。この楽曲を購入した場合、購入者はこの楽曲の所有権を得ることになります。ちなみに、この謎の楽曲は、100万ドル(約1億)で落札されました。

Elon Musk氏のツイート

イーロン・マスク氏のNFT作品、オークションで1億円突破 | coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン

また、Twitterの創業者、ジャックドーシー氏は、自身の初ツイート(2006年)をNFT化して販売したところ、250万ドル(約3億円)の値段が付きました。購入者は、ドーシー氏のツイートの所有権を得ることができます。所有者は、将来このツイートを売買することもできます。

このように、NFTでは、あらゆるデジタルコンテンツを売買することができます。

日本の例を挙げると、せきぐちあいみさんのVR作品が約1300万円で落札されました。

NFTアートが約1300万円で落札 世界的VRアーティストのせきぐちあいみさんに、“VR一点もの”オークションに挑戦した経緯を聞いた – ITmedia NEWS

NFTプラットフォーム「オープンシー」の利用方法

NFTの代表的なプラットフォームとして、オープンシーがあります。ここでは、アート作品、動画、ゲームのアイテムなど様々なデジタルコンテンツが売買されています。

私もせっかくなので、自分で描いた絵をNFT化してアップロードしてみたので、その手順を紹介します。

Yong-Tau-Foo's account | OpenSea
Check out Yong-Tau-Foo's items on OpenSea, the largest marketplace for crypto collectibles.

メタマスクの作成

まず、準備として、メタマスクを作成します。メタマスクは、イーサリアム上のお財布のようなものです。このアプリを使って、イーサリアム上の取引に参加します。

メタマスク、PCでもインストールできるほか、iOSやAndoroidのアプリもあるので、使い勝手が良いです。

メタマスクのインストールはこちらから行えます。セッティング方法は以下を参考にしてください。

MetaMask
A crypto wallet & gateway to blockchain apps

①上記サイトを開いて、Download nowをクリックします。※ブラウザはグーグルクローム推奨です。

②ブラウザでインストールする場合、Install MetaMask for Chromeをクリックします。Microsoft Edgeも対応ているのですが、Chromeの方が安定稼働します。

③ChromeのWebストアに移るので、ダウンロードします。

④機能拡張を追加をクリック

⑤パスワードの設定をします。Create a walletをクリック

⑥パスワードを設定

⑦リカバリーシードをメモする。

パスワードを忘れた時などの際、復活させる文字列です。メモして保管しておきましょう。

赤枠のところをクリックすると表示されます。

⑧上記パスフレーズを順番通り入力する。

⑦でメモしたパスフレーズを順番に入れていきます。

⑨完成です。

All Doneをクリックしましょう。

オープンシーの利用方法(出品方法)

①グーグルクロームで、メタマスクを開く

②オープンシーを開く。

下記のサイトにアクセスします。※メタマスクを使うので、①を忘れずに。基本的に登録という作業はなく、メタマスクに基づいてOpenSeaを利用します。

OpenSea: Buy Crypto Collectibles, CryptoKitties, Decentraland, and more on Ethereum

③My Profileをクリック

内容に沿って、プロフィールを作成します。

イーサリアムのアドレスは、メタマスクを開いたページ上部に表示されるコピーボタンでコピーできます。

④プロフィールの作成ができたら、My Collectionをクリックします。

⑤Createをクリックし、NFT売買用のprofileを作ります。

⑥いよいよ自分が描いた絵をアップロードします。Add New Itemをクリックします。

⑦アップロードしたいファイルを追加します。

⑧Nameに作品名、Descriptionに作品の説明などを入れ、Createをクリックします。

⑨Sellボタンをクリックします。

⑩右上のSellボタンをクリックします。

⑪値段を決めます。

Set Priceは固定の金額です。Highest Bidは、いわゆるオークション形式です。ミニマムの値と、最大落札額を決めてオークション形式で販売します。

値段などを決めたら、右側のPost Your Listingをクリックします。

⑫メタマスクで署名が求められるので、署名をクリックします。そうすると、OpenSea上で販売ができるようになります。

ちなみに、私の場合、何回かアップロードをしているので、トランザクションの費用はかかりませんでしたが、初回のアップロードには費用がかかりますこの費用は、ETH(イーサリアム)で支払う必要があるので、メタマスクから直接ETHを購入するか、仮想通貨取引所でETHを購入して、メタマスクに送金する必要があります。

もし、NFTだけのためにETHを購入したい場合は、メタマスクから直接購入する方法がおすすめです。ただ、今後もこれを機に仮想通貨投資をやっていきたい、といった場合は、仮想通貨取引所の口座を持っておくと良いです。

仮想通貨取引所は、日本在住の場合はコインチェックがおすすめです。コインチェックは取り扱い銘柄が多く、アプリなども使いやすいため、初心者の方にもおすすめの取引所です。マネックスグループの傘下なので、財政面やセキュリティ面でも信頼があります。

コインチェック

シンガポール在住の方はこちらから。以下の記事で、Binance Singaporeというシンガポールで信頼のある取引所の開設方法を載せています。

シンガポールで仮想通貨投資を始める方法~2021年は一緒に稼ぎましょう~ | 海外生活情報ブログ (jotsu.blog)

まとめ

  • NFT=非代替性トークン
  • 要は、デジタルコンテンツにブロックチェーン上で署名することにより、その作品等が本人のものであることを証明できる仕組み
  • これらを総称して、NFTという。
  • 現行のNFTはブロックチェーン、イーサリアム上の仕組みであるため、イーサリアムの財布であるメタマスクを作成する必要がある。
  • OpenSeaというNFTサイトで、デジタルコンテンツを売買することができる。
  • 閲覧等は無料だが、自分の作品をアップしたり、誰かの作品を購入したりするには、ETHが必要。
  • ETHはメタマスクで購入するか、仮想通貨取引所で購入し、メタマスクのアドレスに送金する。

おまけ

NFT価格などは、出品者が設定できる仕組みですが、ETH自体の価格にも依存することがわかると思います。つまり、安いうちにETHを仕入れておくことが、今後のNFT市場の伸びを考えると懸命な判断なのではないかと思います。

出品者が0.01ETHで絵を出品 1ETH=200,000円とする。

1ETH=400,000円まで上昇。この場合、絵の価格はETHに合わせて相対的に上昇する。

ETHの購入はこちらから。

日本

コインチェック

シンガポール

シンガポールで仮想通貨投資を始める方法~2021年は一緒に稼ぎましょう~ | 海外生活情報ブログ (jotsu.blog)

仮想通貨副業気になるニュース
sponsored links
Twitter, Instagramではよりリアルタイムな情報を発信しています(^^♪下記のボタンからフォローリンクに飛べますので、良かったらフォローの応援よろしくお願いします!
海外生活情報ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました