【簡単】OpenSeaでNFTを売買したりプレゼントしたりする方法

ブロックチェーン&NFT

【簡単】OpenSeaでNFTを売買したりプレゼントする方法

NFTの概要

NFTとは、ブロックチェーン上で署名することにより真正性を与えられたデジタルコンテンツのことを指します。例えば自分で描いた絵をスキャンしてNFT化することで、マーケットで販売することができます。

この記事では、NFTを作ったり誰かにプレゼントしたりすることをゴールに、以下の通り解説します。

  • NFTの概要
  • メタマスクの作り方
  • イーサリアム(ETH)の購入
  • OpenSeaでNFTを作ってみよう!
  • NFTを誰かにプレゼントする方法

NFTのマーケットは色々あるのですが、現時点ではOpenSeaというサイトが一番有名です。

https://opensea.io/

OpenSeaではNFTを作成したり、ほかの人のNFTを買ったり自分のNFTを売ったり誰かにプレゼントしたりすることができます。

OpenSea上でNFTの売買等を行う場合は、メタマスクというウォレットを作成する必要があるので、まずはそこから解説します。

メタマスクの作り方

メタマスクとは、イーサリアムネットワーク上の財布のようなものです。現在、ほとんどのブロックチェーンアプリケーションはイーサリアムネットワーク上に存在するのですが、各アプリを使うにはこのメタマスクがほぼ必須になってきます。

ウォレットを作るといっても、下記の手順の通りダウンロードするだけです。

①Google Chromeを開き、Download Nowをクリックしてみましょう。

MetaMask – A crypto wallet & gateway to blockchain apps

②ブラウザでインストールする場合、Install MetaMask for Chromeをクリックします。Microsoft Edgeも対応ているのですが、Chromeの方が安定稼働します。

③ChromeのWebストアに移るので、ダウンロードします。

④機能拡張を追加をクリック

⑤パスワードの設定をします。Create a walletをクリック

⑥パスワードを設定

⑦リカバリーシードをメモする。

パスワードを忘れた時などの際、復活させる文字列です。メモして保管しておきましょう。

赤枠のところをクリックすると表示されます。

⑧上記パスフレーズを順番通り入力する。

⑦でメモしたパスフレーズを順番に入れていきます。

⑨完成です。

All Doneをクリックしましょう。

イーサリアム(ETH)の購入

先ほどちらっとお話したとおり、現在ほとんどのブロックチェーンアプリケーションは、イーサリアム上で動いています。

このため、ユーザはOpenSeaなどのイーサリアムネットワーク上のアプリケーションを使う場合は、イーサリアムで使用される通貨、ETHを購入し、メタマスクに送付する必要があります。

ETHはコインチェックなど日本の仮想通貨取引所で購入することができます。

コインチェック

購入したETHは、先ほど作ったメタマスクに送付してきましょう。

送付のやり方は、コインチェックのETHの送金ボタンに自分のメタマスクのアドレス(0xから始まる文字列)をコピペし送付するだけです。慣れるまで最初は小額から試すとよいと思います。

赤線の個所にメタマスクのアドレスが表示されます。

OpenSeaでNFTを作ってみよう!

NFTの作成自体は無料で可能です。

https://opensea.io/

My Profileをクリックし、メタマスクを接続します。

メタマスクと接続ができたら、Createをクリックします。

NFT化したいファイルをアップロードし、名前を入力します。今回は私のアイコンをNFT化してみます。

名前だけ必須で、その他の項目は特に入力不要です。

スクロールすると、使用するブロックチェーンが選べます。ここでPolygonを選択したりできます。

Createをクリックすると、下記の通りNFTが作成されます。

画面右上にあるSellをクリックすると、このNFTを売却することができます。試しにやってみましょう。例えば、0.1ETHで売りたい場合は、下記のように設定してComplete Listingをクリックするだけです。

Uunlockをクリック

Signをクリック

私のNFTがリスト化されました。

NFTを誰かにプレゼントする方法

作成したNFTは誰かにプレゼントすることができます。

①作成したNFTのページに移り、Transferボタンを押します。

②Quantityのところに送る数量、Addressに送り先(相手)のアドレスをコピペします。

③Transferボタンを押します。

④右側にメタマスクの署名要求画面が出てくるので、署名します。

⑤送付完了です。

まとめ

以下の通り、手順を簡単にまとめます。

  • NFTはブロックチェーン上にある自分だけのオリジナル電子コンテンツ
  • NFTマーケットはOpenSeaが有名
  • メタマスクを作成
  • コインチェックなどでETHを用意(以下のリンクから口座を開設できます。)
  • OpenSeaでNFTを作成
  • OpenSea上でNFTを誰かに送る。

コインチェック

※ETH500円分から購入可能です。

おまけ

やってみるとわかりますが、NFTをイーサリアム上で売買すると手数料が結構かかります。これをガス代といいますが、イーサリアムネットワークの利用料のようなものです。

下記の記事では、イーサリアムのレイヤー2として使えるPolygonネットワークを利用したガス代節約方法を解説しているので、良かったら参考にしてください。

【節約術】NFTの手数料(ガス代)を簡単に抑える方法~POLYGON(MATIC)を使ってみよう~ | 海外生活情報ブログ (jotsu.blog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました